第5回理論免疫学ワークショップ

カテゴリ:workshop

第5回理論免疫学ワークショップ

更新:2021年01月24日

概要

開催日

2021年2月11日-2月13日

場所

zoom
札幌 + zoom(ハイブリッド形式)
オンラインのみでの開催に決定いたしました。

使用言語

日本語

オーガナイザー

岩波翔也
九州大学大学院理学研究院生物科学部門(数理生物学研究室)

開催趣旨

 第5回目となる2020年度は、新型コロナウイルスの流行状況も鑑み、オンラインでの開催となりました。毎年講演者を含め30名超の方々に参加いただき、免疫研究に関わる理論および実証研究者による熱い議論が行われます。今年度のワークショップも例年同様に、数理科学、定量生物学、数理生物学などにおけるモデル化、定量化を行う、幅広い研究者の方々をお招きし講演いただきます。異分野融合が前提となりつつある生命科学研究において、各分野の最先端の研究を行う方、すでに他分野と共同で研究を行なっている方などの研究成果を聞き、持続的に交流する場となれば幸いです。

プログラム

第5回理論免疫学ワークショップのプログラムは以下のリンクからご覧いただけます。

第5回プログラムはこちら

参加方法

事前に参加登録をいただいた方に、参加情報に関するメールをお送りしております。
zoomへの参加のためのURLや注意事項等はそちらに掲載いたしますのでご確認ください。

事前参加登録

参加される方には事前参加登録をお願いしております。

参加登録フォーム

【オンライン参加】参加登録フォームはこちら

参加登録いただいた方に参加のためのURL等の情報をお送りいたします。

参加登録を締め切りました。お問い合わせはコンタクトまでお願いいたします。

参加登録期限

オンライン参加登録締め切り
2021年2月8日(月)

確認事項

  • 参加登録時に登録いただいたメールアドレスと本ウェブサイトにて通知いたします。

アクセス

ワークショップ会場

zoom
札幌 + zoom(ハイブリッド形式)

共催

  • ムーンショット型研究開発事業研究開発プロジェクト
    ウイルス -人体相互作用ネットワークの理解と制御
    代表者:松浦善治(課題推進者:川上英良、島村徹平、岩見真吾)

  • ムーンショット型研究開発事業研究開発プロジェクト
    複雑臓器制御系の数理的包括理解と超早期精密医療への挑戦
    代表者:合原一幸(課題推進者:岩見真吾)

  • ムーンショット型研究開発事業研究開発プロジェクト
    臓器連関の包括的理解に基づく認知症関連疾患の克服に向けて
    代表者:高橋良輔(課題推進者:本田直樹、中岡 慎治)

  • 戦略的創造研究推進事業(CREST)コロナ対策臨時特別プロジェクト
    Preclinical層別化に基づく新たなデータ駆動感染症制御戦略の創出
    代表者:川上英良、分担研究者:中岡慎治